単身引越を安くする

引越し費用が、引越屋さんによってだいぶ差があることを知ってましたか?

単身,引越,引っ越し,引越し,安く

意外に高くつくのに、避けられないもの。
それが引っ越しです。
バンやトラックなどをレンタカーで借りて、自分達だけで済ますこともできるかもしれません。
ですが、それにしてもお金がかかるのは間違いありません。
しかも、ベッドや冷蔵庫など、重たいものはひとりで運べないから、友人などに手伝ってもらうことになるでしょう。
手伝ってくれた友人には、何かお礼もしなければならないでしょう。
一般的にはやっぱり、引越は引越業者さんに依頼することが多いですね。
そうなってくると、気になってくるのは引越し料金です。
引越し会社さんは、どこが一番安いのか?
その気になる費用を、一括で比較できるサービスがあります。
引越価格の一括見積りサービスなら、一回の依頼で複数の引越会社の見積費用が分かります。
最もお得な引っ越し会社さんがかんたんに分かるので、引っ越し価格を節約できる、便利なサービスです。

引越し金額が1番安いところってドコ?無料の見積り比較

引越し侍

引越し侍

全国230社を超える引越会社が加入している、比較見積サービスです。
最大で10社へ一括見積を依頼可能です。
最高と最低の金額差が50%も違うことも!
さらに、引っ越しの希望日を指定して引っ越し料金を比べることもできます。
キャッシュバックや「引越手続きガイドブック」のプレゼントなどなど、お得で役立つ特典キャンペーンも時期によって実行しているので、チェックしてみませんか?
引越し侍・予定日で比較
引越し侍で安く引越

↑↑↑↑↑
引っ越しの予定日が決まってるならコチラ!
人気ランキング上位会社に予約☆
引越し侍・じっくり比較
引越し侍でじっくり比較

↑↑↑↑↑
じっくり最大で10社の業者に一括比較はコチラ☆


ズバット引越比較

ズバット引越比較

全国220業者を超える引っ越し業者と提携している、無料一括見積りサービスです。
利用者が400万人を突破してる、人気の一括比較見積もりサービス。
利用者が400万人を突破している、人気の一括見積もりサービス。
比較することで引っ越し料金を安くすることができます。
住んでいる場所によりますが、コチラも最大10社へ一括見積を依頼できます。
ズバット引越比較
ズバット引越比較で安い引越

↑↑↑↑↑
引越し代金を一括見積もりで比較


引越達人セレクト

引越達人セレクト

大手の引越業者の料金を一括比較できるサービスです。
参加している引越会社は60社以上です。
見積り料金を比較することで、引越しの値段が最大で55%も違うこともあります。
キャンペーン期間中だと特典もあるのでチェックしてみては?
引越達人セレクト
引越達人セレクトの一括比較

↑↑↑↑↑
引っ越し見積り料金を比較

単身者の方は安い引越し業者を選んで安く上げるように心がけましょう

単身者の引越しは安くあげたほうがいいものです。
安い業者を選ぶことも重要ですが、料金を安くするためには要らない物をどんどん捨てることも重要です。
荷物を少なくすることで運ぶ料金は少なくなっていくものです。
ただ、捨てるだけでは無く換金可能なものは買取業者に出すのもいいでしょう。
最低限必要なものだけが揃いましたら引越し単身パックを頼みましょう。
ほとんどの引越し業者では単身パックを導入しています。
どの業者も同じように普通の引越しだと5万円程度掛かるものが単身パックなら1万円程度で行えるものもあります。
賢く単身者パックを利用するには、複数の業者に見積もりを依頼することが重要です。
あと、安いパックとはいえ値引き交渉をすることも重要です。
複数の業者に問い合わせをするのが面倒なようでしたら一括で複数業者に問い合わせを送信できるサイトもありますので、そちらを利用するのも良いでしょう。
引越し単身パックが安くなる理由は、普通のファミリーの引越しとは違い、単身者専用の引越し荷物を入れるボックスに必要な荷物を詰め込み、業者が他の荷物と一緒に運ぶからです。
通常のファミリーの引っ越し料金が高いのは専用のトラックと従業員を使用するからです。
独身の方の料金が安く上がるのは車両費と人件費が安く上がってくるからです。
これから引っ越しを考えている場合には、独身者専用の引っ越しパックを考えて実施するのもいいでしょう。
安いからといって運び方は雑なわけではありませんので心配しなくて大丈夫です。

単身の引越しを安くしたいなら見積もりから安いところを

単身で引越しをする場合、荷物が少ないので楽だと感じる人もいますが、壊れ物であったり、雑に扱えないものも多いので、それらを安全に運び出すために自分の力だけでは無理だと思うこともあるでしょう。
ですから単身であってもあまり費用をけちり過ぎないようにするということも大事です。
安くしたいがためにアフターフォローがしっかりしていないような業者を選んでしまうと引越し後に家具の傷などが見つかっても文句が言えないこともあります。
ですから安いだけで選ぶのではなく、安くてもちゃんと補償をしてくれるところを選んでいくといいでしょう。
また、単身者であれば単身者向けの単身パックなどを利用するのもコツです。
荷物が少ないことでメリットを感じられることも多いですし、余分な出費をおさえることもできるでしょう。
そして見積もりを安くしたいのであればまずはランキングサイトなどで比較をしてみて、ある程度絞っておくのも良いです。
引越し業者はたくさんありますが、そのたくさんある会社ひとつひとつに問い合わせをしていくのはとても大変な作業ですし、自分でもわからなくなってしまうことがあるでしょう。
ですからある程度比較サイトで絞ってから行っていくのが良いです。
また、単身者であれば移動がある季節や、新入社員が入る春に引越しを行うことも多いので、そういった季節は混みあうことを予想してあらかじめ避けれるのであれば避けておくというのも良いです。